跳至产品信息
1 / 1

LOWW ONLINE STORE

Nicolas Taylor / Jean-Michel Basquait Photo Session #4

Nicolas Taylor / Jean-Michel Basquait Photo Session #4

常规价格 $748.00 USD
常规价格 促销价 $748.00 USD
促销 售罄
含税费。 结账时计算的运费

#4 JEAN-MICHEL BASQUIAT BY NICHOLAS TAYLOR

Artist: Nicholas Taylor
Photo Session Year: 1979
Printed Date: 2019
Medium: Archival Pigment Print on Hahnemühle Photo Rag Baryta Paper
Dimensions: Unframed: 303 x 252mm / Framed: 442 x 362
Signed: Artist signature and edition numbered

Edition 10
*Please note that you cannot choose the edition number.
*エディション番号は選べませんので、予めご了承ください。

Nicholas Taylor 

Moved to New York in 1977. 1n January 1979 he photographs an early series of headshots with his friend Jean-Michel Basquiat. In1979 Nick joined Basquiat’s band “Gray” (guitar). Gray was a very unique sound oriented band associated with the “No Wave” scene in New York City at that time. Gray opened for bands like The Lounge Lizards and DNA  in New York City clubs such as CBGB’s, Tier 3. Hurrahs and the Mudd Club., Squat Theater. Nick had the good fortune of being a close confidant to Mr. Basquiat, and from 1981-’84, Nick watched Jean-Michel paint and draw hundreds of works in Basquait’s Crosby Street loft.  In 1982 Basquiat named him “DJ High Priest” for a collaboration they did at the Squat Theater in New York City. Also in ’82, with ‘tape loop-dj’ing’, he opened in Michael Holman’s weekly Hip Hop event with Africa Bambatta, Cool Herc and Jazzy J at Club Negril  in the East Village. High Priest was the dj for the New York City Breakers opening for acts Soul Sonic Force and Grand Master Flash. At The Kitchen in Soho 1983, Fab Five Freddy selected him for his dj-ing skills in the band ‘Estate Fresh’ which included Max Roach on drums. Nick co-produced “Sounds of…” Gray’s first lp released in 2010 with Michael Holman  on their label “Plush Safe Records”

1977年、ニューヨークに移住。1979年1月、友人のジャン=ミッシェル・バスキアと初期のヘッドショット・シリーズを撮影する。1979年、バスキアのバンド「グレイ」に参加(ギター)。Grayは、当時のニューヨークの「No Wave」シーンに関連した非常にユニークなサウンド志向のバンドであった。GrayはThe Lounge LizardsやDNAといったバンドの前座を務め、CBGB's、Tier 3、Hurrahs、the Moutiqueといったニューヨークのクラブで演奏していた。Hurrahs、Mudd Club.、Squat Theaterなどのニューヨークのクラブで、ラウンジ・リザーズやDNAのようなバンドのオープニングを務めました。ニックはバスキア氏の側近という幸運に恵まれ、1981年から84年にかけて、バスキア氏のクロスビー・ストリートのロフトでジャン=ミシェルが何百もの作品を描き、それを見ていた。 1982年、ニューヨークのスクワット・シアターで行ったコラボレーションで、バスキアは彼を「DJハイ・プリースト」と名付けました。また、82年には「テープループDJ」で、イーストビレッジのクラブ・ネグリルで、アフリカ・バンバッタ、クール・ハーク、ジャジー・Jとともにマイケル・ホルマンが毎週開催するヒップホップイベントでオープニングを飾りました。ハイ・プリーストは、ニューヨーク・シティ・ブレイカーズのDJとして、ソウル・ソニック・フォースやグランド・マスター・フラッシュのオープニングを担当した。1983年ソーホーのザ・キッチンで、マックス・ローチをドラムに迎えたバンド「エステート・フレッシュ」のDJとして、ファブ・ファイブ・フレディに抜擢された。ニックは "Sounds of... "を共同プロデュースした。2010年にマイケル・ホルマンとのレーベル "Plush Safe Records "からGrayのファーストLPをリリース。

查看完整详细信息